たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト > 【コンテンツオーナー用ガイドライン】カテゴリ分類について
コラム
2015/03/27

【コンテンツオーナー用ガイドライン】カテゴリ分類について

たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト

ターゲット層の定義

 

 

 

ペルソナ設計

 

 

 

カテゴリの内容

お役立ち情報

目的

集客目的。SEOに引っ掛かりやすいように。

 

内容

潜在顧客層が興味を抱きそうな情報を中心に。「あるある」「なるほど」「そうだったのか」「どうすればいいだろうか」「よくわからないので噛み砕いて知りたい」といったことから、仕事活用術など具体的なハウツーまで、読者層の共感の得られるコンテンツに。

 

 

IT業界

目的

集客目的。SEOに引っ掛かりやすいように。

 

内容

当社が提供するシステムやサービスなどにまつわる業界の動きや用語の解説など。これらに関連したお客様やお客様の業務なども同様。現状だけでなく、将来の予測や、海外の話も含まれる。

 

 

コラム

目的

アイネス社員の顔が見え、安心していただくなど、アイネスの企業イメージ向上目的。集客を意識したコンテンツではない。

 

内容

他のカテゴリに属さない読み物。アイネスの顔が良く見え、身近な存在に感じて頂く。
独りよがりにならないように。自然に。

 

 

サービス紹介

目的

問合せや引合いに繋げるページ。あまり長過ぎないように。
製品・サービス説明を完結させるのものではない。

 

内容

最終目標のお問い合わせや引合いに持っていくステップアップページ。ご相談という形での問い合わせでハードルを下げる。
ウェブページならではのフットワークの軽さを最大限活用すべく、「一度に盛りだくさんのことを言わない」「盛りだくさんの言いたいことは切り口を変えて複数記事にしたり、連載物にしたりする」「詳しい内容は問合せいただいた後、直接お会いして説明する」

 

標準構成 

 【項 目】             【要否】

  • キャッチコピー(サブタイトル)   : △
  • リード文              : 〇
  • 活用シーン             : △
  • 課題                : 〇
  • 提案(ポイント、特長、メリット)  : 〇
  • 概要(図)             : △
  • 機能                : △
  • 成果                : △ 

 

  

ケーススタディ

目的

信頼を得るページ。また、お客様名からの検索流入も見込める。
事実を伝えるため効果大。

 

内容

潜在層向けのコンテンツ。商談や選定候補のトリガーにできるページにする。
社名・団体名や個人名など(掲載許可要)を掲載するのがベスト。無理でもA社・B社などとして許可を得たうえで掲載できればベター。
担当者ご本人の寄稿が得られればベスト。
客観性を持たせるためにライターなどの第三者に書いていただくのがベター。
ニュースサイト、YouTube(コーポレートサイト)、展示会用動画や事例パンフレットなどと総合的な観点で掲載計画をたてるのがベター。

 

標準構成 

 【項 目】           【要否】

  • キャッチコピー(サブタイトル) : △
  • リード文            : 〇
  • 課題              : 〇
  • 成果              : 〇
  • 概要(図)           : △
  • 機能              : △ 

 

イベント・セミナー

目的

対象への集客(参加)・誘導。
ステータスアップ。アイネスおよび対象製品・サービスの認知度向上。

 

内容

より多くの人に、イベント・セミナー内容を知っていただき、「参加してみたい」や「参加してみよう」に誘導する。
または、「たぷぽち」に何度も訪れ、アイネスに興味を持って頂いた方に、さらに上層の顕在層になって頂くためのもの。終了後の実施報告など。