たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト > ワークスタイル変革に活用したい「VDI」のメリット・デメリット・活用法
ITお役立ち情報
2019/11/08

ワークスタイル変革に活用したい「VDI」のメリット・デメリット・活用法

たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト

企業や組織では、内部統制や情報セキュリティ対策が求められるようになり、その手段としてシンクライアントの導入に注目が集まっています。

ここでは、いくつかあるシンクライアントの実現方式の中から、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)について、メリットやデメリット、活用法をご紹介します。

1.VDI(Virtual Desktop Infrastructure)とは?

VDIは、Virtual Desktop Infrastructureの頭文字を取ったもので、直訳すると「仮想デスクトップインフラストラクチャー」となり、デスクトップ仮想化のためのサーバーシステムを指します。

仮想化とは、コンピューターのリソース(サーバー、OS、アプリケーションソフトなど)を抽象化することで、わかりやすくいうと、本来は別の役割を持っているリソースに別の役割を持たせたり、物理的に限られた数量のリソースを実数以上のリソースが稼働しているように見せかけたりする技術です。

VDIは、サーバー上に仮想化ソフトウェアをインストールし、その上に社員などが使う各クライアントPCが利用する仮想マシンをユーザーの数だけ構築することでデスクトップ環境を仮想化します。

 

SBCとの違い

SBC は、Server Based Computing(サーバーベースコンピューティング)の頭文字を取ったものです。
VDIがサーバー上に複数の仮想マシンを構築してユーザーがそれぞれを占有するのに対し、SBCでは複数台のクライアントPCを1台のサーバーに接続します。このため、ユーザー環境は基本的に共通のものとなり、ユーザー側で独自にアプリケーションをインストールすることはできません。その分、導入コストはVDIよりも安価になります。

 

ブレードPCとの違い

ブレードPCとは、超小型のPC端末のことです。マシンルームなどに各ユーザーのブレードPCを用意し、ユーザーはクライアントPCから自分のブレードPCにアクセスして利用します。
VDIと同様に、各自で占有できますが、仮想化されていないため、一台ずつブレードPCを用意する必要があり、導入コストは高く、管理工数もかかります。
ただ、高性能なスペックが要求されるグラフィック処理などを行う業務に向いています。

2.VDI(Virtual Desktop Infrastructure)のメリット

デスクトップを仮想化するということは、サーバー上にクライアントPCのデスクトップ環境を構築することになるので、クライアントPCのOSやアプリケーションのアップデート、データの監視といった運用管理を省力化・厳格化できます。新たなクライアントPCを用意する際も、1台1台環境構築する必要がないため、情報システム担当者の工数の削減が可能です。

また、クライアントPCにはデータを残さないため、情報漏えい対策などのセキュリティも向上させることができます。データを残さないということは、クライアントPCに記憶装置を搭載する必要がないので、ハードウェアの故障が低減し、老朽化しづらいため長期使用できるようになります。
同じ理由から、社員が個人所有するPCやスマホを業務に活用するBYODの導入も低リスクで行えます。

以上は、管理者側のメリットですが、ユーザー側にもメリットがあります。
それは、インターネット環境さえあれば、会社以外の場所からでも会社のPCと同じ環境で仕事ができる点です。社員のワークスタイルの自由度を上げることで、離職率低下や従業員満足度の向上につなげることができます。

3.VDI(Virtual Desktop Infrastructure)のデメリット

一方、デメリットとしては、インターネット環境に依存するため、ネットワーク障害が起きたり、インターネットが利用できない環境では業務が行えない点が挙げられます。マウスを動かす動作一つをとってもネットワークを介して行うことになるため、ネットワークの品質が悪いと「画面の切り替わりが遅く、重い」ということになってしまいます。

また、サーバー側のパフォーマンスが悪くても同様に動きが遅くなるため、VDI導入時のサイジングは、もっともサーバーへのアクセスが集中する時間を想定して決める必要があります。VDIベンダーの経験やスキルが導入成否を左右するでしょう。

4.VDI(Virtual Desktop Infrastructure)の用途・活用方法

VDI(Virtual Desktop Infrastructure)のメリット」でご紹介したように、VDIにはさまざまなメリットがあり、どのような業界が導入してもメリットを享受できます。主に次のような目的に活用することができます。

 

ワークスタイル変革/働き方改革

フリーアドレスや在宅勤務など、これまでよりも自由度の高い勤務形態を実現します。しかも、データ類はサーバーにあるため、セキュリティ面でも安心です。

 

個人情報や機密データなどの漏えい防止

クライアントPCにはデータを残さないため、特にノートPCやスマホなどで万が一の盗難や紛失があっても情報漏えいを防ぐことができます。

 

システム管理者の負担軽減

ユーザーが利用するソフトウェアの配布作業や定期的なリプレースの際に、インストール作業やさまざまな設定を行う手間が軽減されます。運用時もメンテナンス業務が楽になります。

 

BCP対策

災害時もメインサイトがダメージを受けない限り、被災地外の自宅や遠隔地からシステムにアクセスして業務を続行できます。また、本社が被災した場合、別の場所に暫定的なオフィスを設けるという選択も可能です。

5.まとめ

さまざまなメリットのあるVDIですが、特に近年、企業や自治体の急務となっているワークスタイル変革の鍵となる技術です。在宅ワークやリモートワークを導入したいけれど、セキュリティがネックになっているという企業様におすすめしたいソリューションです。

アイネスでもVDIソリューションを提供しております。詳しくは、お問い合わせください。