たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト > ヒト型ロボット「NAO(ナオ)」を活用してビジネスの幅を広げませんか?
サービス紹介
2015/08/20

ヒト型ロボット「NAO(ナオ)」を活用してビジネスの幅を広げませんか?

たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト

 

「NAO(ナオ)」をご存じですか?
NAOは人の顔や声を認識し、会話やジェスチャーで人と双方向のコミュニケーションをとることができるヒト型ロボットです。アイネスは、このNAOをビジネスの場に導入するお手伝いをいたします。NAOとはどのようなロボットなのか、NAOで何ができるのかなどについて、この場で簡単にご紹介します。

 

 

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

ソフトバンクロボティクス社からPepper(ペッパー)が一般発売されるなど、いま、人とコミュニケーションをとることができるロボットが話題となっています。「おもしろそう!」「自分の会社でも使ってみたい!」とお思いになった方も多いのではないでしょうか。アイネスにも業務での活用を検討されているお客さまから、以下のようなご相談を多くいただきます。

  

・ロボットに興味はあるけれど、自社のどのような業務にロボットを導入できるかわからない
・ロボットを使ってみたい業務があるけれど、ロボットで実現可能かわからない
・ロボットを導入したいけれど、自社ではコンテンツを開発できない

 

このようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度ご相談ください。
アイネスがヒト型ロボット「NAO(ナオ)」の導入をお手伝いいたします。コンサルティングからコンテンツ開発、保守・運用までトータルでサポートいたしますので、ご安心ください。
「ロボットを使って何ができるか?」を考えるところから一緒に始めましょう!

 

 

NAO(ナオ)はどのようなロボットですか?

アイネスが導入をお手伝いするヒト型ロボット「NAO(ナオ)」について簡単にご紹介します。NAOはフランスのアルデバラン・ロボティクス社(ソフトバンクグループ)製のヒト型二足歩行ロボットです。身長は58cm、カメラ、マイク、スピーカー、タッチセンサーを通して人と双方向のコミュニケーションをとることができます。世界中で7,000台以上の販売実績があります。ソフトバンクロボティクス社のPepper(ペッパー)はNAOの技術をベースに開発されたので、NAOはPepperの先輩にあたります。誰にとっても親しみやすいかわいらしい外見も、NAOのアピールポイントのひとつです。

 

NAO_003.JPG

 

 

 

NAO(ナオ)はどのようなことができるのでしょうか?

・話す、読む、歌う
・歩く、手足を動かす、踊る
・言葉を聞き取って反応する
・あらかじめ登録された人を認識する
・QRコードを読み取る
・タブレット等からの遠隔操作
・タブレットやデジタルサイネージ等のディスプレイとの連動
・アンケート、クイズ
などなど

 

こういった機能を組み合わることにより、さまざまな利用方法が可能です。NAOの利用シーンに合わせて動作や会話をカスタマイズすることもできます。また、レンタルによる一時利用も可能です。

 

 

活用シーン

 

NAO_002.JPG
 
 
(1) 営業店舗、ショールームで

受付、窓口係として来客を感知して声掛けをします。用件を確認した上で、音声や画像で案内をすることができます。イベントなどでプレゼンターとして企業紹介や商品・サービス説明をすることもできます。また、ロボットの注目度は高く、集客に貢献します。

 

 

(2) 公共施設などで

たとえば博物館、フォーラム、図書館などで、ディスプレイによる案内や解説に代わるコンシェルジュ、プレゼンターとして利用できます。

 

(3) 教育機関などで

たとえば小中学校などで、IT教育に対応する教員をサポートする先生役として利用できます。
NAOの開発を学びたい場合は、アイネスのエンジニアがNAOの開発環境や開発方法についてレクチャーすることもできます。

 

  

より詳しい内容をお知りになりたい方は、こちらからお問い合わせください。

 

NAO_button_2

 

 

※ 本文に掲載されている会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。

 


関連記事