たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト > 便利だけれど危険が潜むFree Wi-Fi。危ないアクセスポイントと注意点
ITお役立ち情報
2016/02/05

便利だけれど危険が潜むFree Wi-Fi。危ないアクセスポイントと注意点

たぷるとぽちっと|ITに関するお役立ち情報サイト

タブレットは、通話には向いていないため、データ通信が主な使用目的ではないでしょうか。

外出先で使用したい時に助かるのが「Free Wi-Fiスポット」の存在。タブレットやスマートフォンを使っている人は、外出先でこの「Free Wi-Fiスポット」につないでメールチェックや路線検索をする機会も多いのではないでしょうか。

一口に「Free Wi-Fiスポット」と言っても、実は事前登録が必要であったり、特定キャリアのみ使用可能であったりと、一定のセキュリティ対策はアクセスポイント提供側が行っています。ここでは「Free Wi-Fiスポット」を利用する際に利用側ができるセキュリティ対策をまとめました。

 

 

便利だからついつい使ってしまうFree Wi-Fi

タブレットを持っている方は、外出時のネット通信についてあらかじめ準備と対応策を考えておかないといけません。

4G回線などの通信プランを利用すれば問題はないのですが、パケット通信料の節約等の理由から、カフェやホテルなどのFree Wi-Fiスポットを利用している方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

使用できる場所は年々増えています

一昔前は、空港やホテルのロビーなどWi-Fiスポットが設置されている場所は限られていましたが、最近では都市部をはじめとしたファストフード店や駅、歯科医院などの医療機関でも設置しているところがあり、便利さで言えばとても充実してきている印象を持ちます。

各携帯キャリアも独自のWi-Fiスポットを開設し、利用可能な場所や店舗を増やしています。しかしながら、キャリアが展開しているWi-Fiスポットサービスは無料ではありません。

月額料金を払い、事前設定を行うことで該当のWi-Fiスポット範囲内での利用が可能になり、特に時間制限などを気にせずに使うことができるという仕組みです。

 

 

「誰でも使える」の意味するところ

「誰でも使える」Free Wi-Fiスポットは、便利ではありますが、セキュリティの面では非常に危険な側面を持っています。悪意を持った人が、同じネットワークに接続している人の端末内に侵入することは、簡単にできてしまいます。

安全に使用するためには、セキュリティキーを求めるWi-Fiスポット以外は使用しないことが必須条件です。

そのWi-Fiのセキュリティには、「WEP/TKIP/AES」といったいくつかの種類が存在しています。これらはWi-Fiスポットへの接続を認証したり、ルーターとタブレットとの間で行う通信を暗号化する技術です。先述した多くのFree Wi-Fiスポットは、このセキュリティの暗号化がされていない、危険な“野良Wi-Fi”と言えます。それぞれの暗号技術には特徴があり、中には強固なセキュリティ暗号技術も存在していますので、それらを知ったうえでWi-Fi通信を利用していただくことが望ましいでしょう。

以下に代表的なセキュリティ暗号化方式をセキュリティレベルが高まる順にご紹介します。

 

・WEP : Wi-Fiなどの無線LAN用に開発された、初期の暗号化技術です。

アクセスポイントとタブレットなどのデジタルデバイスとの間で「WEPキー」と呼ばれる鍵データを照合させ、通信しています。

この鍵データが一致しないと、通信ができません。 しかしこのWEPキーは、簡単に「鍵データ」が解析できてしまうという欠点があります。

もし自宅などの無線LAN環境で暗号認証方式をWEPにしている場合は、すぐに他の暗号認証方式に変更することをお勧めいたします。

 

・TKIP(WPAとも呼ばれます) : WEPでネックとなった鍵データの生成方法を強化した規格がTKIPです。

WEPに比べると多少は解読に時間がかかる仕様になっていますが、時間をかければ解読できてしまうレベルのため、こちらもあまりお勧めできません。

 

・AES(WPA2とも呼ばれます) : WEP、TKIPで使用していた暗号化の仕組みを変えたものがAESです。

このAESによって暗号化されたデータは、通信中に暗号キーを自動的に変更するため、解読・鍵データを入手することは非常に困難とされています。このAES方式に対応しているアクセスポイントやWi-Fiルーターを使用することをお勧めします。

 

 

海外のFree Wi-Fi事情

海外への出張や旅行などの際に、無料Wi-Fiスポットを利用する方もいらっしゃると思います。

ホテルのロビーなどで利用できるスポット以外に、会員登録後に時間制限付きで使用可能な街中のスポットなどがあります。

なかには無料登録という甘い言葉で個人情報を抜き取られ、スパムメールが大量に送りつけられるようなケースもありますので、判断材料が不案内な海外では、Free Wi-Fiスポットの利用は控えるようにしたほうが賢明です。

 

 

Free Wi-Fiのまとめ

Wi-Fiスポットを利用する際には、次にかかげるポイントに注意して、タブレットやスマートフォンのセキュリティを高めることをお勧めします。

 

[国内利用の場合]

●公共施設のWi-Fiスポットでも無条件に信頼しない
●カギのアイコンのないWi-Fiスポットには接続しない
●Wi-Fiスポットを選ぶ際は暗号化パターン「AES(WPA2)」を選ぶ
●ネットバンキングなど、外に漏れるとリスクの高い情報は通信しない

 

[海外利用の場合]

●街中のWi-Fiスポットは原則利用しない
●ホテルのロビーなどで使用する場合でも、外に漏れるとリスクの高い情報は通信しないようにする

 


関連記事