サービス紹介
2020/07/10

生産計画担当必見!!今こそ製造業に必要な生産スケジューラのすすめ

生産計画担当必見!!今こそ製造業に必要な生産スケジューラのすすめ

昨今の日本のモノづくりでは、市場の飽和や消費者ニーズの多様化にともない、短いサイクルで次々と多種多様な製品を生産して市場に投入することが求められています。
要求に応えていくためには、小ロット多品種生産への移行、納品リードタイムや納期回答の短縮化、頻繁な生産計画の変更など、製造業は多くの課題を解決していかなければいけません。
そうした課題解決のために今、注目されているツールが「生産スケジューラ」です。

生産スケジューラとは

生産スケジューラは製造現場の生産計画を立案するシステムです。生産計画の機能そのものは一般的な生産管理システムにも内包されておりますが、生産スケジューラは、より高度かつ詳細な生産計画を立案することが可能なのです。

 

生産スケジューラでできること

生産スケジューラでできること

一般的な生産計画の方式である山積み方式は大抵手作業が入ることが多く、急なオーダーやトラブルに即座に対処することが困難です。また、工程間の無駄な待ち時間が生まれやすいため納期短縮の弊害になることもあります。
これに対し生産スケジューラは機械や設備、人員といったリソースを最大限有効利用するために、分、秒の単位で細かく工程を管理し、自動で作業割付を行います。そのため工程間の無駄な待ち時間を削減することができますし、頻繁な計画変更にも迅速な再スケジュールが可能です。また自動化を推進できるため計画担当者の負担軽減や、属人化の解消にも繋がります。
例えば、新型コロナウイルスのような非常時において人員の削減や稼働できない設備の発生、物流が乱れて部品の供給が遅延してしまう場合でも、迅速に生産計画を修正できる生産スケジューラは心強い味方になるでしょう。

 

生産スケジューラ『FLEXSCHE』のご紹介

生産スケジューラ製品は多種存在いたしますが、重要なポイントは製造業の多様な要求に対応できる<柔軟性>と、日々運用していくための<使いやすさ>にあります。
弊社ではそれらを十分に満たす、柔軟性を極めた新世代の生産スケジューラである『FLEXSCHE』シリーズをご提供しております。

◆『FLEXSCHE』の特長
(1)追及された柔軟性と使いやすさ
(2)カスタマイズ自由度の高さ
(3)主要な生産スケジューラの中では最後発のため同種製品の抱える課題を克服

見やすく視覚的に把握しやすいユーザーインターフェース

見やすく視覚的に把握しやすいユーザーインターフェース

各工程は縦軸にリソース、横軸に時間を置いた「リソースガントチャート」で管理

各工程は縦軸にリソース、横軸に時間を置いた「リソースガントチャート」で管理

生産スケジューラをご検討の際はFLEXSCHEビジネスパートナーであり、豊富な基幹系システム開発の経験を持つアイネスに、ぜひご相談ください。

 

『FLEXSCHE』製品について、詳しくは以下のページもご覧ください。
https://www.ines.co.jp/service/flexsche-gp.html

※「FLEXSCHE」および「フレクシェ」は株式会社フレクシェの登録商標です。
※ 本文に掲載されている会社名・団体名および製品名は各社または団体等の商標または登録商標です。
 

ITでお悩みのご担当者様へ

弊社は、情報サービスのプロフェッショナルとして、システムの企画・コンサルティングから開発、稼働後の運用・保守、評価までの一貫したサービスと公共、金融、産業分野などお客様のビジネスを支える専門性の高いソリューションをご提供しています。お気軽にご相談下さい。

INES_logo_CTA